プチ断食を手軽に取り入れる方法

「プチ断食」とは、短期間だけ食べる量を制限する、手軽に実践できる断食のことです。

普段忙しく働いている内臓機能を休ませることで自然治癒力をアップさせ、老廃物を排出するデトックス効果や、体内の栄養を使い切ることで余った脂肪を燃焼させるダイエットに効果的な方法です。

プチ断食には様々な方法があり、一食だけを抜いたり、また、夕食だけをちゃんと食べる半日断食や、1日だけ全く食べない1日断食があります。

そのほか、平日は普通に食事を摂り、週末だけ断食する方法もあります。


週末で行うプチ断食

金曜日の準備期間と日曜日の回復期間を含めて行います。


準備期間の金曜日

昼食からプチ断食の準備に入ります。

昼食にはうどんなどの消化のよいメニューを選び、夕食は、おかゆやスープなどの軽いメニューで済ませます。


プチ断食当日の土曜日

一日中水のみを摂取するのが基本です。

初心者は、人参ジュースや野菜ジュースを飲んでもかまいませんが、市販のものは甘い場合が多いので、その都度手作りするようにしましょう。


回復期間の日曜日

朝食は3分粥、昼食は5分粥を食べ、夕食は消化のよい普通食で大丈夫です。


夕飯だけ食べる半日断食は、前日の夕食を食べ過ぎてしまった場合に効果的です。

前日の夕食から約18時間は水だけを摂取するようにし、この日の夕食は軽めにする方法です。

半日断食を知っていれば、カロリーを気にすることなく、楽しい食事ができるようになります。


胃腸が重く感じた時は、夜だけのプチ断食が効果的

20時までに夕食を食べ、その後は水やお茶だけで過ごす方法です。

夜は、副交感神経の働きが活発になる時間帯で、体がリラックスするのでエネルギーを消費しにくくなるため、太りやすくなるからです。


プチ断食は、普段の乱れた食生活を見直すきっかけにもなり、ダイエット以外にもメリットは沢山あります。


プチ断食での注意点は、身体に負担をかけないように無理をしないことです。体調が悪い時や、基礎体力に自信のない人、高齢者、成長期の子供はプチ断食をしないようにしましょう。

体調管理をしっかり行った上で、自分に合ったプチ断食を行って健康体を目指してください。