プチ断食により体内の燃焼効果を上げる!

ちょっと「睡眠」の視点からプチ断食を見てみましょう。

「睡眠」=休息ですね。

私たちの身体は、細胞の一つひとつが一日中働いてくれています。

細胞も働けば老廃物を出しますが、睡眠は、働いてくれた細胞を休ませ、老廃物を排出する役目を持っているのです。

一日の疲れを癒し、また明日がんばるための休息時間。それが細胞レベルで必要な事がお分かり頂けたかと思います。

もちろん、内臓もがんばってくれていますよね。食事をすれば、胃腸は消化作業を行うため、もちろん、この内臓にも睡眠を与える必要があります。

長時間働くと、長時間の休みが必要になりますが、では逆に、短時間の労働だと、睡眠時間も短時間ですむかもしれません。つまり、食事の量を減らせば睡眠時間が少なくても大丈夫と言えないでしょうか。

プチ断食をおこなえば、その後の食事の際、栄養の吸収が良くなります。

食べ過ぎると過剰な栄養素は体内に活用されないまま残り、血液を汚します。結果病気の原因に成り得るのですが、プチ断食を行うことにより残った栄養素も燃焼され、体内で有効に使われます。

栄養だけではありませんよ。アルコールも同じことです。前日飲みすぎて、アルコールが分解されないまま朝を迎えることを二日酔いと言います。

しかし朝食を抜くプチ断食を行えば、きちんと体内で燃焼され二日酔いもしにくくなるそうです。

これはお酒が好きな方には朗報ですね!