プチ断食による体のだるさ改善の理由について

プチ断食で体のだるさを改善

プチ断食って凄いのですよ。身体のだるさを取ることが出来るのです!

例えば、食事を取ることさえ忘れるほど何かに打ち込んでいるとします。寝不足になっても、好きなことです、疲れも感じないし、割と気力で頑張れますね。

しかし、終了後、どっと身体の疲れを感じ、脱力感を感じることもあるでしょう。

メカニズムはこうです。

人が動くためには、細胞に水分・栄養・酸素が必要です。食事を取らずとも、胃腸に送られる筈の血液が、脳や筋肉に多く回されるので大丈夫なのです。

しかし、ご飯を食べると、もちろん胃腸を活発に動かせる必要があるため、脳に送られていた血液が胃腸に流れます。結果、脳や筋肉の力が半減し、結果「疲れた」と感じるのです。

しかしプチ断食を行って、普段胃腸に回されていた血液を、筋肉に活用できればどうでしょう。だるさが無くなりますよね。

プチ断食で、胃腸に回されていた血液を、脳に送られるとどうでしょう。頭が冴えます。回転が良くなるのです。

このように、正しい断食を取り入れていけば、だるさを解消することが出来ますし、頭をフル回転させることも可能でしょう。血流が良くなり、脳梗塞や、痴ほう症の予防にも役立つかもしれませんね。