プチ断食と断食の違い

プチ断食もそうですが、断食とはある一定期間、食事をしないということですね。

食べたいという欲望を禁じる、禁欲行為です。

さて、断食をすると体内ではどのような事が起きるのでしょう。

外から食事が入って来なくなると、体内の栄養素を活用します。

次に体内の毒素を外に出そうとします。デトックス作用ですね。

これは、生活習慣病の改善にも効果があるうえ、病気にもかかりにくい身体になるという可能性は捨てきれません。

断食は、修行僧や、お医者様の指示により行うことが一般的です。

特に医療現場では、全身麻酔を行なう手術の前や、病気の種類などによって断食療法を行うこともあるようです。

プチ断食はそれとは少し違い、1~3日間の断食です。食物を体内に入れない時間は1日のみです。

自己流で行うのではなく、知識を充分蓄えた上でプチ断食を行うのであれば腸内環境が改善される→便通が良くなる→体内の栄養素をうまく活用する→体重減少と言う効果も期待できます。

また、準備期から回復期を含め3日間の取り組みなので、禁欲とはいえそれほどのストレスもかかりません。

この一定期間におけるプチ断食の成果は十分実感できるのではないでしょうか。

ポイントは、生活の一部分ととらえ、必ず基本は抑えること。そうでないと効果が出にくい場合がありますので。

参考サイト:プチ断食のすすめ! [食事ダイエット] All About