プチ断食の効果

プチ断食は体にイイ!そう言われても、ではどのような効果があるのでしょう??

ここでは、その効果を分かりやすくまとめてみました。

体温が上昇する

食事をすると、体温が上がる。そう思われていますが、実は食べない方が、体温が上がるようです。

なぜかと言うと、栄養を取らない間、体内に蓄積された老廃物などを燃やして燃料にしようとするためなのです。

老廃物が燃料にされる=血液がきれいになる=免疫力が高まる=病気になりにくいこういう図式が成り立ちますね。

排泄が良くなる

断食とは、身体に余計なものが入らなくなると言うことです。すると、排泄機能が高まり、大・小関わらず良くなります。そして血液の流れが良くなると考えられます。

α波

断食はアルファ派が出ます。瞑想している時と同じだと思ってください。

内臓に休息を

食事を取ることは、胃腸のみならず、もちろん腎臓も肝臓も働いています。

毎日毎日です。しかし、少しの間これら臓器に負担をかけないようにしてあげましょう。

病気の元となる細胞の消滅

私たちの身体は、栄養補給がなければ、強い細胞が弱い細胞を食べて生きようとします。

弱い細胞とは病気の原因となる細胞です。つまり食べないことにより健康になりやすくなるのです。